ニュース詳細

2018.11.01 17:15

11月1日、embr

11月1日、embraceの10年目のスタートです。

あたたかく見守り、支えてくださるお客様、友人、家族、皆さまおかげでまたこの日を迎えることができました。

この9年間で出会った大切な人の数、

笑い過ぎたシワの数、

流した涙の数、

思い出の数々、

溢れる感謝の気持ち。

年々増えるものばかりです。

「和食は引き算、洋食は足し算」とよく言われます。

余計なものを「引く」ことで本質をシンプルに「引き」たてる味わいの美学。

それに対し「足し」重ねることで奥行きを生み出す味わいの美学。

siple is best という言葉も好きだけど、

私は、人生は、洋食のように、引き算より足し算のほうが幸せになれると思っています。

例えば、一日に点数をつけるとする。

100点からその日あった嫌なできごとを引いて決めるのが引き算。

0点からその日あった良かったことを足して決めるのが足し算。

結果、同点だったとして、どちらがより良い気持ちで一日を終えられるかと言えば、足し算の一日ではないかと思うのです。

でも、ただ足してゆくばかりではいつかは溢れる。

もしかしたら人生という器に入る物量は限られているかもしれない。

傷みは覚えておくべきだと思うし、喜びも忘れたくないけれど、

余計な執着や凝り固まった思考、

未来に不要と思うものは引き算して、

そしてその空いたスペースに何を足し算すべきかを考えてゆきたいと思う10年目の一日目です。

飛躍の年になるように。

皆さまにもっともっと楽しんでもらえる場所となるように。

10年目のembraceもどうぞよろしくお願いいたします。